ばあちゃんが教えてくれたこと

この記事は3分で読めます

ばあちゃんの名前は、きぬ。

わたくしは、押しも押されぬ自他共に認める
生粋の「ばあちゃんっ子」だったんです。

 

情報発信者として指針となっている考え方は、
10年前に、87歳で冥土へ旅立っていった
きぬばあちゃんが教えてくれました。

 

病院から一旦自宅に戻ってきた、ばあちゃんの亡骸。
生前はふくよかだったのに、がれがれになっちゃって。

 

玄関に黒い幕が付けられ、近所の人達がお悔やみに来てくれました。

その中でも、とくに悲しんでくれたのが、

ブラジルから日本に働きに来て隣の家に住んでいた、
日経3世のブラジル人一家の人達でした。

ちゃんと日本式に香典まで持ってきてくれて。

ブラジル人一家のお父さんとお母さん、そして幼い姉弟の4人家族。
日本に来た当初から、なぜかよくうちに遊びに来てくれて。

 

特に当時8歳の女の子と5歳の男の子の姉弟は、
きぬばあちゃんとは大の仲良しだったんです。

家に帰るとばあちゃんと折り紙をしたり、テレビを見たり、おやつを食べてたりと。
ほんと、自由に出入りしていたんですよ、ブラジル人の姉弟は。

そんな幼いブラジル人の姉弟は

(オバアチャン、ダイスキダッタ、サミシイネ)

と、人目をはばからず声を出し、

しゃくり上げて泣いてくれてるんです、ばあちゃんの亡骸の側で。

そしてその姉弟が帰り際、

(オバアチャン、サヨナラ)

と言い、

きぬばあちゃんのおでこに、
そっとキスをして、最後の別れをしてくれたんです。

 

その光景を目にした人たちからは、日本との文化の違い驚くと共に
感動し、さらに涙を誘いました。

 

お通夜、葬儀を滞り無く終えた後、
わたしの頭の中は2つの思いによって支配されました。

 

きぬばあちゃんとの思い出をいつまでも絶やしたくない。
きぬばあちゃんのいなくなった事で何か教えがあるのではないか?

 

ほんとに多くの人から愛されて
惜しまれて逝ってしまったきぬばあちゃん。

決して人の悪口を言わず、
誰隔てなく満面の笑みで人に接していたばあちゃんでした。

だからこそ、多くの人達に愛されていたんだと思います。

ばあちゃんが死んでしまったことは本当に悲しいし辛い。
でも人間である以上、絶対に避けて通ることの出来ない別れの時。

 

そのことで学んだことは

●時間の大切さ。

やはり時間(人生)は有限なんだと。その限りある時間を大切な人や家族、そして自分自身の為に1秒たりとも無駄にしてはいけないと。

●そして、笑顔。

きぬばあちゃんの笑顔は接する人たちの癒やしとなっていたという事。

 

多くの人の役に立っていたんです。日々、笑顔を、癒やしを配っていたんです。

会う人、会う人に笑顔というプレゼントをしていたんです。

 

だから、あのやさしい笑顔を見るために
ばあちゃんの周りには多くの人達がいたんだという事に気が付きました。

例えば、きぬばあちゃんは、よくブーって屁をこいていたんですが、

そんな時、

 

「屁ー出てしもたわ」

 

と笑顔で私達をみるのですが、その一言を満面の笑顔でいわれると、

一緒に笑ってしまうんです。
そんな瞬間がとても癒しになるんです。

屁をこいているのに(笑

 

ばあちゃんから学んだことを活かし、

「これから限られた時間の中で、目一杯生きてやる!」

そうすることが、何よりの供養だと思っています。

なにかの形でばあちゃんのことを記録しておきたいと思ったので
10年前に配信したメルマガ記事を基に、

このブログにも書かせていただきました。

 

今でもお墓参りに行った時に
脳裏に浮かぶきぬばあちゃんは、いつも笑顔です。

あの世へいっても、笑顔をプレゼントしてくるばあちゃん。

 

ほんと、ばあちゃんが生きているときは大きな愛をもらっていた。
そして、ばあちゃんが亡くなってからも人生のヒントをもらっている。

 

情報発信者としていかに多くの方に、

自分の持っいるリソースを役に立てるか?

いかに多くの方に、きっかけを作れるか?

そして一緒に歩んでいけるか?

ということを肝に命じ、多くの方が笑顔で人生をエンジョイ出来るような

情報を発信をしていきたいと思っています。

 

そして、わたし自身いつも笑顔で人に接することのできる、

きぬばあちゃんみたいな人でありたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

このサイトについて

人生をエンジョイする為に、「経済的自由」「時間的自由」「精神的自由」という3つの自由をゲットする為に、インターネットビジネスのスキルの必須という考えのもと、年間3000万円以上の報酬を完全自動化で稼いでいるアフィリエイト手法やインターネットビジネスでのいろいろなノウハウや有益情報を公開しています。

ナビゲータープロフィール

takashima こんにちは、ナビゲーターの高島です。
人生をエンジョイするために「経済的自由・時間的自由・精神的自由」という 3つの自由を目指して、インターネットビジネスに参入して10年目を迎え、

現在は晴れたらゴルフ、雨が降ればお仕事という
晴耕雨読的なライフスタイルです。

ちなみにゴルフの年間ラウンド数は200ラウンドぐらいしています。でもなかなか上達しません^^;

直近の目標はハワイ移住。

インターネットビジネスでの得意な分野としては、アフィリエイトやSEO対策などで、

スマホアフィリエイトやSEO関連のビジネス書の著者であり、経営コンサル、セミナー講師をしています。

富山県生まれ。
全米NLP協会認定プラクティショナーコース修了
ファイナンシャルプランナー

→3つの自由を手に入れる為の道のり

おすすめカテゴリー記事